物事に対する興味や、集中力が無くなってきた認知症の母。

でも、目の前で花文字を描くと、飽きもせずにじーっと眺めています。

親の欲目からか、

「キレイねー」

「ステキ!これはなぁに?」

と、時々おホメの言葉をかけられます。

色づかいや、ユニークな絵柄が脳の刺激になるようです。

今日の花文字は夢 。

The following two tabs change content below.

保志

日本花文字の会 公認作家・講師 ☆横浜中華街で花文字の実演を見る人の表情は興味津々。まるで子供のように無邪気です。その様子を見ながら「私も描けるかしら?」と思いたって花文字を習い始め、その後作家・講師になりました。贈ってよし、もらってよしの花文字。名前やお気に入りの文字が美しく表現される感動を是非体験してみてください。

最新記事 by 保志 (全て見る)