花文字を描く日本人はまだまだ少数派で、習うところもそんなに多くありません。

そして、元をたどるとだいたい同じ先生にたどり着きます。

それでも作品に違いが出るのは、同じことを習っても個性が出るせいなんでしょう。

せっかく書いてもらうなら「これだ!」と思う作家さんにめぐり合って、

「こんな風に描いてほしい」と伝えるのがシンプルでベストな花文字の楽しみ方。

身近に飾って、長く愛せる友だちになりますよ!